修善寺「独鈷の湯」

 2007年2月12日付の朝日新聞に修善寺にある独鈷の湯の記事が掲載されていた。独鈷の湯は1200年前に弘法大師が湧出させたと伝えられる温泉で、伊豆最古といわれている。記事によると修善寺川(桂川)の中にある独鈷の湯が川の流れを阻害し、大雨のときに氾濫を引き起こす原因となるので河川敷に移設することが計画されているとのこと。さらに記事には「観光客から丸見えになるため、現在は入浴は禁止されている」とある。あっ、そうなの、私は学生時代に独鈷の湯に入浴したことがある。1992年頃だと記憶している。当時は入浴禁止はされていなかったはず。バイト仲間と伊豆へドライブへ行き、独鈷の湯につかった。確かに外から丸見えなので恥ずかしい。でも面白いから仲間と入浴した。するとおばさん観光客が近づいて入浴する私たちに話しかける。まるでのぞき見されているような感じだった。今となっては笑い話だけど。
 その独鈷の湯が移設されるとは寂し限りである。川の中にあって風情があったのに。ある意味、究極の露天風呂なのかもしれない。

 ご覧になっていただきましてありがとうございます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック